So-net無料ブログ作成

これもまた机上の空論? [リスク]

内容については十分に予測できていたような長さだけど

これだけ住民は苦しみが続き、大きな経済的な問題も起こるものと思われるが

 

この内容は、どこまで信用できるのか

実際には机上の空論に過ぎないのではないか?

一刻も早く終息をしたいという気持ちがそこにないか?

 

今までが今までであるがゆえに、信用できるものではない

しかも、ここで働いている労働者の皆さんが、どこまで対応ができるのか

現実的に、労働者の労働環境が安全性を確保した内容とは決して言えるものではない

 

それにまだまだ余震は続き、その余震も、普通であれば本震に近いくらいの余震が続く可能性がある

あらゆる可能性を想定して、その中で危機的状態が発生した際の対応策も十分に想定しての内容なのか

また何か起こった時に「想定外」で言い逃れすることを、「想定」しての内容ではないか

 

これらについて原子力保安院などさまざまな原子力、建設、気象学、地質学などの専門家を加えた形で議論をして総合的に決定したものであるのか

結局は社内的に「こうしたい」という内容ではないのか…

 

急ぐことは当然重要である

それをできる限りの短期間で実行することも重要であるのは言うまでもない

しかしそのことによって机上の空論、危機管理の想定できうる想定をしない内容であってはならない!

この問題は日本国内の問題であると共に、世界でも注目されているものであり

住民の暮らし、作業員の安全性と共に日本経済そのものも影響している問題であることを決して忘れないように願いたい

それを一部の人間だけで作り上げたものではないと信じられるようなもっと総合的具体的な工程表を示すべきである 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。