So-net無料ブログ作成

工程表発表の翌日にもうこれだ! [リスク]

こういう状況は公邸表作成の中で既に織り込み済みのことなんでしょうか?

想定内のこととして考えてていいものなんでしょうか?

 

東電さん

そうなんですよね !

机上の空論を昨日発表されたわけではないんでしょう?

あらゆる可能性を織り込んで、今後の復旧の工程表を作られてきたんですよね!

いまさらこれは想定がいなんていう言い訳はできませんよ!

 

何でもこういうことがあるかもしれないというところから出発しないと

危機管理は全く成り立ちません!

それが今回の事故を招いたんですから、二度も、三度も同じ過ちは繰り返してないですよね…

そんなこと既に専門とされるそれぞれの分野の方の意見を交えた上で、こういうことがあるかもしれない、そうしたらこの対策で・・・

そういう風にして積み重ねられてきた工程表なんですよね!

 

何が起こるかわからない、いや起こっても不思議じゃない!

だからこそ自分たちだけの中で決め付けてしまうのではなくて、幅広い専門家や現場の意見を反映したものでなければ、結局は机上の空論でしかないんです!

危機管理というのは、最初に危険性の分析がきちんとされていなければ、マネージメントしようもないんです。

その分析に落ち度はもう許されない事態にまで来ているんです!

日本をチェルノブイリにするつもりですか?

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。