So-net無料ブログ作成

信用してくれって言うことに無理があるんじゃない? [リスク]

この間の福島の実情を見ても

政府、保安院や電力企業の対応の遅さ、情報開示のいい加減さ、不正確さ

 

しかも、その場しのぎ的な対応、対応で、被災者は翻弄され

これで、信用してくれって

誰も信用はしないと思うよ

 

しかも今の原発を推進してきたり、その法律を作ってきたのは

旧政権の自民党

それも電力企業から献金をもらって…

ということは対応力、危機管理力が今の政権にもない上に、問題の発端は旧政権

どちらも信用はできやしない

 

これでなんとか・・・では原発のある地域の人にとったら到底納得できることじゃない

 

原発の賛否は別としても

あるところを見てると、原発の電力供給がなくなったら、便利さが我慢できるのっていうような書き込みがあったり、反対にだったら原発を止めたら、賛成派は電気は使わないのっていうような丸で子供の喧嘩のようなことを言い合ったりして

そんなこと言ってる場合じゃないし

現実、自分の家の隣に原発ができたら、原発推進派の人にとっても反対するんじゃない?

 

そのことで地域への補助金、雇用の確保などが得られるって、こと問題が起こったらそれ以上のマイナスが発生している

そんな金額なんてみんなすっとんじゃってしまうくらいの被害

 

その上、賠償は遅いし、義捐金の分配も遅い、しかも助成金は出ない

誰が喜んで原発を動かしてって言える状態なのか?

 

電力の不測問題は確かにある

その点で、国家的問題として、いかに安定的に電力を必要なところに必要な量供給できるかが大きな課題ではあるが

担当大臣が節電してってここに行ってるようじゃ

結局このたびの震災の対応と同じで

政府として総合的に、組織的に、国家レベルで対策を講じているとは言えない

 

個々にいうのはかってかもしれないが

こんな危機状態のときに、情報の一元化と組織的対応ができないようじゃ、日本もおしまいだよ!

 

統制をするんじゃない!

きちんと情報に基づいて、それぞれに意見を聞いて、その必要性、有用性にあわせた対応をとっていくことが重要!

原発に変わるエネルギー確保の課題もきちんと話を進めていく必要があるし、現実進めてきてるはず、それを、改めて内容によっては資金投入をし、前倒しで進めることもできるはず!

 

原発なしでも今の英知を結集すれば、十分な電力確保が可能だろうと思うし、

今はいずれにしてもやれ賛成だ、反対だって言い合いをしている時間があるのであれば、いかに安定的経済発展を阻害しないように電力を確保し、今何ができるかを徹底してつめていくことが必要である

 

その結果、おそらく原発に必要性は、より0に近づいてくると思う…


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。