So-net無料ブログ作成

無機なの?有機なの? [化学物質]

海底から打ち上げられた泥から「ヒ素」が検出されたとのことだけど、

ニュースからは「有機ヒ素」なのか、「無機ヒ素」なのかの区別もない

 

内容を見れば危険性が記載されているところから「無機ヒ素」なのかなぁ~って思うけど

通常、鉱山や農薬から流出してきたヒ素(無機)は海底に堆積していく際に

土壌細菌によってアルセノベタイン・アルセルシュガー等の有機ヒ素化合物に変化して、毒性はない…

 

以前にイギリスの研究所がひじきから砒素を検出したというニュースが流れた際にも、それが有機なのか、無機なのかは発表されず、ただ量だけを捉えて、危険とされたことがある。

 

確かにすべてがすべて、有機化合物に変化しているとは思わないが、反対にすべてが向きであるということもあまり考えられない

その点では、ニュースにあるように「吸い込みや手洗い」などによる危機管理をしていくことは当然のことであるが

 

研究者、専門家は発表の際にもっと具体的な発表を望みたいし

マスコミももっと専門的な知識を持って、突っ込んだ聞き取りをして具体的に報道してもらいたい!

 

「ヒ素だ、ヒ素だ」と騒ぎ立てるのではなく、それがどのようなものなのか、はっきりとさせた上で、一般の人間をパニックに陥れないように、科学的な発表と報道をすることが、国民に対しての責務である!

 

その上で、二重三重の危機管理をしていくことが重要であり、その前提としてのリスクコミュニケーションをもっと大事にしてもらいたい!

 

生活環境と化学物質 用語解説―化学物質に目くばり気くばり心くばりのことば集

生活環境と化学物質 用語解説―化学物質に目くばり気くばり心くばりのことば集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 国際環境専門学校
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 単行本

生活・環境化学物質と安全性

生活・環境化学物質と安全性

  • 作者: 梅津 剛吉
  • 出版社/メーカー: 南山堂
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本

知っていますか 暮らしの有害物質―いのちを守る安全学

知っていますか 暮らしの有害物質―いのちを守る安全学

  • 作者: 及川 紀久雄
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 単行本

家庭にひそむ有害化学物質―これだけは避けよう、身近なリスク

家庭にひそむ有害化学物質―これだけは避けよう、身近なリスク

  • 作者: カレン アシュトン
  • 出版社/メーカー: 時事通信出版局
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本

 

 

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

青鬼

有機、無機。勉強になりました。
まだよく分かっていませんが
by 青鬼 (2014-08-15 18:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。