So-net無料ブログ作成

生命の尊厳を商売にするな! [ニュース]

遺伝子組み換えさえできればどんな子供でも生むことができる

 

まるでショッピングでも楽しむかのように

 

あんな子供がいいな、こんな子供がいいな

足が長いのがいい、背の高いのがいい

 

ウインドウを見ながらわが子のことを、買い物でもする感覚で、その遺伝子を選ぶ

 

そんなことがあっていいはずがない!

 

 

倫理的な問題もあるが

それだけでなくその結果、生まれた子供やその子供にどのような影響が出てくるかわからない

 

現に遺伝子組み換え作物で害虫対策のとうもろこしに、体制についた虫が出現しているし

 

原発といい、人類がコントロールできないものをコントロールしようとするところに問題がある

 

即刻やめるべきであり

さらにそのことが商業ベースで行われようとしていることを放置しているアメリカ政府も問題である

自由とはそういうものではない

必ずそれとセットで責任がついてくるものであり

何でもかんでも自由と言うのでは、社会は成り立たない!

 

確かにうちの家計は、知っている限りでは曾祖母を筆頭に、僕まで4代に渡って癌である

しかし、それは遺伝的なものも関係しているとは思うが

家庭の環境、食生活、考え方などが似たようなことも影響していると考えられ

 

発ガンは単純な機序で起こるものではない

 

確かにたばこのように遺伝子に直接影響する一時発がん物質もあるが

亜硝酸塩のように、それがプロモーターとして体内に入り、

体内にある二級アミンがイニシエーターとなって発がん性が起こる

それは発ガンではなく発がん性の可能性が起こるということである

 

熱いお茶が好きで、毎日、それを飲み続けていくと、食道が軽いやけどを繰り返し

そのためにそこの細胞再生時に、突然変異としてがん細胞を生み出すことはあっても

すぐに癌に発展するとは言い切れない。

むしろ、確率的には低いであろうが、

免疫細胞、体力が弱っていたら、がん細胞に駆逐される可能性もある

 

単に遺伝子だけで発ガンが確実性を持つということはない

 

背が高い遺伝子といっても、生まれてからの生活環境が関係してくる

ほったらかしにしておけば、その子供の扱われ方で変わることも起こりえる

 

人は社会的な生き物である

そのため、たとえその遺伝子を持っていても、社会性の中で

どのような変化が起こるかわからない

 

さらにそのことによって異常な現象も起こっても不思議ではない

 

新たな体内での変異原性、催奇形性が生まれてくる可能性も否定できない

 

許せるとか許せないとかではなく

絶対に操作をしてはならない行為の一つである!

 

 















 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。