So-net無料ブログ作成

果たして皆同一種なのかなぁ~

このニュースを見ている限りにおいては

 

同じ地質、同じ場所で見つかった5つの固体を見比べた結果しかない

 

確かに最初の人類は、同一性は否定できないとは思う

 

生まれだした系統が

そんなに変化はしていないだろうから 

 

ただ遺伝子学的に同一性のものと言うのであればわかるけど

 

見た目が似ている

同じ地質層から発見されているということで、同一性があると特定するのは一足飛びのような…

 

人類は当初アフリカで生まれて

そこからヨーロッパ、アジアに広がっていったということがいわれていたが

決してそうではないだろうと推測はする

 

場所は特定できないが、それぞれの地域で生まれてきたのではないのだろうか

その人類はおそらく似ていると思われる

 

ただそれが各地に移動をしていくことで

さまざまな人種に分かれていったと考える方が自然である

 

科学的にどうかとは断定できないが

 

移動し、その際に交流し、合流、離散を繰り返して

そこからそれぞれの人種の系統が生まれて来たとみるべきのように思う

 

採集・狩猟と農耕が長い年月をかけて変わり

最終的には道具の発明などで定住が始まった

その年月はおそらく、紀元後の長さより長い時間があったんではないだろうか

 

ただどの民族であっても、基本的には協力すること、共存すること、共生することは基本的なもので

 

今の人々にも、それは脈々と行き続けている

そういった点で、社会性の問題があっても人類は基本的には同じであり

解決できない問題はない!

 

自己利益だけを追求せず、人類としてもう一度、原点に戻って

本来の共生、共存の考え方を追求していくことが求められる!

 










 


 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。